パネルヒーター 暖まらない 修理 札幌

0

    山田です。こんばんは。

    早いもので12月となり、皆様におかれましては何かとお忙しい日々を過ごされている事と思います。

     

    弊社でも9月からは毎日毎日、ボイラー交換や修理、不凍液交換等々、社員一丸となって工事を行わせていただいております。

    ボイラー交換の際には、4年後に不凍液の全交換が必要である旨のご説明をさせていただいておりますが、お客様によっては、不凍液の交換を今間まで十数年されたことがなかったり、今まで保守点検を依頼していたメーカー指定修理店から一度もそのようなことが必要とは聞いたことがなかったというお話をお聞きしております。

     

    弊社では、ボイラー交換はもちろんの事、パネルヒーターやファンコンベクターの修理、暖房配管の修理を行っておりますが、お客様によっては数社に見てもらった方が少なくありません。

     

    特にマンションにお住まいの方は、ボイラーメーカーの修理店さんや管理会社から紹介された業者さんに来てもらうことが多いようですが、結局直らずにパネルヒーターの交換を勧められているようです。

     

    しかし、パネルヒーターはただ単に不凍液が流れるだけの構造ですので暖まらない原因を解消すればほとんどの場合は直ります。

    新築当初から暖まらないような場合には配管等に致命的な欠陥があり簡単には直せないこともありますが・・・・

     

     

    パネルヒーターの不具合の場合、不凍液を補充したり、エア抜きをしたり、結果、ほんの少しだけ暖まるようになったものの、しばらくするとまた暖まらない。そんな方が多いのではないかと思います。そして、また暖まらなくなったと業者さんに連絡すると来てはくれるものの同じ作業の繰り返し、そして・・・パネルヒーターを交換しなければ直らない。またひどい場合にはセントラルヒーティングを止めてしまって別の暖房を検討しなければならない。交換したボイラーは問題ないので、それ以外の部分は専門の業者に見てもらって下さい。そんな話をたくさん聞きます。

     

    ■不凍液交換は4〜5年に一度必ず必要です。不凍液には防錆剤が入っていて、その効力は4〜5年程度です。その後は酸化が早まります。

    ■古くなった不凍液を交換せずに補充を繰り返していると不純物でボイラーの循環ポンプが破損したり、パネルヒーターやファンコンベクターが暖まらなくなったり、配管やパネルヒーターの腐食を早めます。

    ■不凍液を定期的に交換しないと、通常の配管洗浄及び不凍液交換を行っても、原因となる頑固な詰まりは解消できません。

     

     

    【築15年 札幌市内マンション】

    症状:居間のパネルヒーターが暖まらない。

     

     ■1回目:訪問時にエアの混入等の確認を行ったがエアの混入は無い。パネルヒーターは殆ど暖まっていない状態

     

     ■2回目:暖まらないパネルヒーターと同回路のパネルヒーターを全て取外して、原因がパネルヒーターなのか配管なのかを確認

         その状況から、パネルヒーターが原因ではなく、配管自体の詰まりであることが判明。このような場合には、通常行うような配管洗浄を行っても直ることはまずありません。配管の詰まりと格闘すること数時間、ようやく少しずつ流れ出し詰まりが解消されました。取外したパネルヒーターは再度の閉塞を防止するために徹底的に洗浄します。その他の部分でも後あと問題になりそうな部分は徹底的に洗浄します。

     

    以下 作業時の様子です。

     

     

    ↓ 詰まりが解消されず一向に水が流れてきません。

     

     

    DSCF8303.JPG

     

     

    少しずつ流れるようになったものの、砂のようなものが出てきています。

     

    DSCF8304.JPG

     

    詰まっていた配管から一気に水が流れたため、作業服の袖廻りには詰まっていた物が付着しています。

    DSCF8307.JPG

     

     

    配管の中から出てきた水からは大量の砂のようなものが出てきます。

     

    DSCF8309.JPG

     

    DSCF8310.JPG

     

    以上の事から、定期的な不凍液交換が必要であることがご理解いただけると思います。

    不凍液交換の際にはマンションの場合で3〜4万円程度、戸建住宅で5〜7万円程度掛ります。

    金額はパネルヒーターの設置台数で変わりますが、今回のように配管が詰まってしまいますと、それ以上の出費となります。

     

    パネルヒーターが暖まらない等のご相談はお気軽にどうぞ。

     

    最後までお読みいただきありがとうございました。

     

     

     

     

     

    弊社のホームページのランディングページが完成しました。

     

    お時間のございます方はクリックしてお読みいただけると光栄です。

     

    http://hakkoh.info/lp/

     

    以上 ご覧いただきありがとうございました。


    お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。

    0120−973−991
    携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。



    メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。

    E-mail:8500 ★hakkoh.info


    株式会社 博光
    札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階

    営業時間 8:30〜20:00
    電話番号 011-595-7851
    FAX 011-595-7853


    株式会社 博光 本社
    札幌市東区本町1条1丁目3番11号
    電話 011-782-6961
    FAX 011-783-6940

     

     

     

     

     

      

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    プロフィール

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    エントリー

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    リンク

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM