札幌 株式会社博光 リフォーム オフィス

0

    山田です。お盆が過ぎてあっという間に9月になってしまいますね。

     

    ブログで描かせていただいている内容は圧倒的にボイラー交換についてが多いのですが、ご紹介させていただいていないリフォーム工事がたくさんございます。

     

    先月、7月29日に着手しました中央区のオフィスビルの工事をご紹介させていただきます。

    かれこれ14年以上お付き合いをさせていただいております、友人の弁護士事務所の移転工事です。

     

    現在入居中のビルが取り壊しになることから移転することになっていました。

     

    工事もお陰様で順調に終わりました。

     

    先週の8月27日(土)に引越作業となりましたが、新規開設の事務所ではなく、開業中の事務所ですので本日8月29日(月)の朝からは無事に普段通り業務が行われました。

     

    また、本日は業務中の事務所にて壁に飾る絵画の取付や床のOフロアーのコンセントと取り出し位置の微調整など最終段階の作業となりました。

     

     

    【作業開始 間仕切り造作】

    打合せ室となるところです。室外に会話が漏れないように防音の為にグラスウールを充填したり、採光用のガラスも極力防音効果の高い真空ガラス スペーシアを採用しました。

     

     

     

    【真空ペアガラス スペーシア】

     

    打合せ室の壁を全て壁手仕切ってしまうと廊下や受付スペースに陽が入らなくなるので壁の一部をガラスで施工しました。

     

     

    透明ガラスのままですと内部の様子が丸見えですのでフォグラスシートを貼って目隠しです。

     

    通常シートを貼る際には、少し大きめのものを貼ってから余分な部分をカッターで切って施工するのですがスペーシアはデリケートらしいので万が一を考えてシートは予め必要な寸法に切っておいて、ガラス面にはカッターを使用せずに施工しました。

     

    ヘラを使って空気を抜く作業中です。

    器用な方であれば自分で出来ないこともないですが、やはりプロは違います。何せ手際が良いので作業時間も早くて仕事が綺麗です。この方も長年のお付き合いをさせていただいている、看板のかたぎり さん。片桐社長です。この方の仕事はいつも完璧です。まさにプロの職人さんです。

     

     

     

    あっという間に二枚目が終わりました。打合せ室側からの写真です。

     

     

    4枚すべて貼り終わりました。

     

     

    そんな中、事務室では弊社の中井主任がもくもくと配線工事を行っていました。

    彼は電気施工管理技士一級という難しい資格を持っています。

     

    工事現場での施工経験が長いので、お客様の前ではちょっと緊張してしまいますがいつも一生懸命です。

    今年からはボイラー交換の技術も習得してマルチな活躍をしてくれています。

     

    タイルカーペットを剥がすとOAフロアーが見えます。更にOAフロアーを取り外すと、その下にはコンセントやLANケーブル、電話線等々、たくさんの配線が走っています

     

     

     

     

     

    事務所全体は ↓ こんな感じです。

     

     

     

     

    作業のご紹介が前後してしまいましたが

    クロス屋さんが下地のパテ処理中です。

     

     

     

     

    大工さんがドアの取付をしています。

    最近はドアの高さも高くなり、デザインがスタイリッシュです。

     

    このドアは高さが2,300mmです。一般的な室内ですと天井高は2,400ですので

    天井から10冂度下がったところまでドアの高さがあります。

     

     

     

    受付スペースや廊下はこんな感じに仕上がりました。

    いつも思うのですが、床って仕上がりによって、部屋の印象が大きく変わります。

     

    壁や天井などの工事が終わっても、床の工事が終わっていないと、まさに工事現場って感じですが、床が仕上がったとたんに安らぎの別世界に変わります。

     

    このタイルカーペッですが最近はデザイン性の高い商品がたくさんあります。

    従来のように市松(交互に互い違いに貼る)に貼るのではなく、貼り流す方向を揃えたり、ボーダーアクセントを加えることによって高級化が増して一気にハイセンスな空間となります。

     

    更に写真のように曲線を加えるともっと素敵になります。

    施工する職人さんは大変ですが・・・

     

    曲線の色の濃い部分に受付カウンターが設置されますが、今日はまだ、引っ越しの荷物の片付けが途中ですので後日アップさせていただきます。

     

     

     

     

    今日は大きな工事をひとつ終えることが出来ましたのでホットしております。

    時期的にボイラー交換工事が本格的に動いてきておりますが9月もリフォーム工事をたくさんご依頼いただいております。

     

    ブログの更新がなかなかできなくなりますが時間を見つけながら皆様にご紹介していけたらと思っております。

     

    以上 ご覧いただきありがとうございました。

     




    お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。

    0120−973−991
    携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。



    メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。

    E-mail:8500 ★hakkoh.info


    株式会社 博光
    札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階

    営業時間 8:30〜20:00
    電話番号 011-595-7851
    FAX 011-595-7853


    株式会社 博光 本社
    札幌市東区本町1条1丁目3番11号
    電話 011-782-6961
    FAX 011-783-6940
     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    プロフィール

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    エントリー

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    リンク

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM