コロナ UKW-G402A UKW-G4000A UKW-G4010A 交換 札幌

0
    こんにちは。山田です。

    さて、タイトルにもございますが、マンションのベランダに設置されています、コロナの暖房・給湯一体型ボイラーの交換についてです。

    ここ最近の動向もお分かりいただけるのではないと思いましたので、あるマンションに配布させていただきましたご案内をここに載せさせていただきます。






    【ボイラー交換について】
     
    前略 弊社は札幌市内及び近郊にて主にマンションの暖房・給湯ボイラー交換やメンテナンスを行っております。株式会社博光(はっこう)と申します。
     
    ここ最近お問い合わせの多いコロナ製の屋外ボイラー交換についてのお問い合わせが急増しております。高価な商品でありながら、他の選択肢もない中で、短期間でのご決断を迫られてお困りとのご相談が多いです。
     
    このボイラーは昨年春から徐々にノーリツOTH-4701AWへの交換依頼が増えてきておりますが受注生産の為、急な交換には対応し難いボイラーです。
     
    閑散期には2か月程度の納期ですが、弊社においても、昨年はメーカーに夏に発注したボイラーが年末に入荷するような状況でした。現在弊社では常に在庫を切らさないように発注を行っておりますが商品が大変高価な為、在庫数にも限度がございます。その様な事情によりまして予めご予約いただけましたらお客様のご希望の交換時期にご対応できますものと思っております。(現在、道内においてこの機種の在庫をしているところは弊社しかございません)


    DSCF6507.JPG 当社施工例 コロナHUG-G4000からノーリツOTH-4701AWへの交換

     
    【ノーリツ以外のボイラーについて】

    もう一つの選択肢としまして、チラシにもございますように現在の暖房・給湯一体型ボイラーを2台に分けることも可能です。ボイラーを2台に分けることのメリットも多く、今後の主流になるのではないかと考えております。(チラシでご提案の商品はサンポット製です)
     
    設置に関しましては、ベランダの形状によって並べ方を変える事も可能ですので様々な施工が可能です。また、受注生産商品ではございませんので、商品の安定供給も期待できます。

     


    当社施工例 コロナHUG-G4000Aからサンポット製 ボイラー2台への交換








    当社施工例 コロナUKW−G4000Aから給湯(サンポット製)暖房(コロナ製)ボイラー2台への交換





    【その他 暖房機の不具合について】

    ボイラー本体のみならず、パネルヒーターの温まりが良くないというご相談も多々ございます。パネルヒーターが温まらない原因としまして、配管等の詰まりがありますが、実は詰まりによるものは意外と少ないです。
    不凍液の補充や交換の際に行われるエア抜きが十分でないために不凍液がパネルヒーター全体に行き渡っていなことが多いです。
    配管の状態によってはエアが抜けづらい時も多々あります。弊社ではシスターンという圧送ポンプを用いて配管の洗浄及び不凍液の交換補充を行い、最後に入念にエア抜きを行っております。
     
    パネルヒーターが温まりにくい方は当社にお気軽にご相談下さい。



     
     【配管洗浄及び不凍液交換の料金】
     
    • 配管洗浄+不凍液交換 30,000円 (暖房機の設置台数4台まで含みます。)
    • 暖房機が5台以上の場合には+3,000円/台
    • 出張諸経費 3,000円(札幌市内)金額は税別となっております。
    • 元々の配管に問題がない限りは、暖房機の不具合は必ず直します。

    転載終わり。



    お問い合わせいただきましたマンションへはこのようなご案内をさせていただいております。

    管理会社等から急にボイラー交換の取り纏めの案内が来て、2週間程度の間に60万円以上もするボイラー交換を急に急かされても簡単にご判断は出来ないことと思います。

    しかしながら、10年を過ぎたボイラーはいつ壊れてもおかしくないことも確かです。

    お客様もどこかのタイミングではご決断が必要だと思いますがその際に、他の選択肢や時間のゆとりが必要だと感じております。

    雪の季節が終わったばかりでボイラー交換のご検討も頭の痛い話だとは思いますが、ご検討の際の参考にしていただけたらと思います。

    微力ながら、皆様方のお役に立てるよう頑張って参りますので宜しくお願い致します。

    山田健二



    お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。


    0120−973−991
    携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。


    メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。

    E-mail:8500 ★hakkoh.info



    株式会社 博光
    札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階

    営業時間 8:30〜20:00
    電話番号 011-595-7851
    FAX 011-595-7853


    株式会社 博光 本社
    札幌市東区本町1条1丁目3番11号
    電話 011-782-6961
    FAX 011-783-6940

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    プロフィール

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    エントリー

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    リンク

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM