ボイラー 漏水 火災保険 株式会社 博光 札幌

0
    山田です。こんにちは。
    さて、表題にもありますが、日々、水廻りの仕事をしておりますとボイラーや周辺配管からの漏水によって床が水浸しになったお宅に遭遇します。

    ​このような場合、皆様がご加入しています火災保険(建物)で保障されることが多々あります。
    ​本日も数件、保険会社から委託されました鑑定会社さんと複数の漏水したお宅を廻ってきました。

    ​最終的な損害範囲や保険金額は鑑定士さんが判断する事となります。

    ​本来であれば加入されている火災保険で保障が受けられるにも関わらず、ご存じないことでせっかくの保険を活かしていない方が多い様です。

    ​保険金の請求は三年間有効ですので、以前、ボイラーや配管、トイレ等の水廻りで漏水事故のお心当たりのある方はお気軽に当社までご相談下さい。

    さて、ここ数年、大きな規模での、河川の氾濫による水災が増えてきております。

    その様な場合には、火災保険が生活の再建に大きな役割を果たすこととなります。

    火災保険にも「建物」「家財」がございますので今一度お手元の火災保険をご確認されてはいかがでしょうか。

    特に火災保険(建物)​​​​でも、古い契約のものでは「時価」となっている場合には要注意です。
    当初1,500万円で加入されたのにも関わらず保証される金額が年々減っていくタイプのものです。

    家が古くなった分、どんどん保証金額が減って、万が一の全損の際に年数に応じた減額査定となり、同規模の家を建て直す費用が保障されません。

    火災保険(建物)の契約が「時価」の場合には、「新価」又は「再調達」への切換をお勧め致します。

    ​​​また、火災保険や自動車保険、生命保険等様々な保険がありますが、そのような保険に入る際にオプションで「個人賠償責任保険」に入ることができます。

    ​「個人賠償責任保険」は単独では販売されていない保険ですので何かの保険のオプションで加入する事が必要です。

     
    ​何かの保険にオプションで付けておくと良いです。

    重複して幾つも入っても意味がありませんし、保険料の無駄です。この保険はご家族全員に対して有効なものです。


     
    特にマンションにお住まいの方は、万が一の水漏れ等によって下の階の方にいつご迷惑をお掛けするとも限りません。そうなった時に下の階の方々から莫大な損害賠償を請求されます。
    マンションにお住まいの方は必ずご加入くださいね。

     
    当社でも日々。水廻りの工事を行っていますといつ何が起こるかわかりません。
    その為に工事中はもちろんの事、お引き渡し後であっても、当社の施工に不備があり、お客様始め近隣住民の方々に損害を与えるようなことがあった際に備えて「事業活動包括保険」に加入しています。

     
    年間の保険料は決して安くはありませんがいつ起こるかわからない事故の際にお客様にご迷惑をお掛けしないようにしております。
    火災保険等についてご質問のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

     
    創業47年
    株式会社 博光
    電話011-782-6961
    hakkokk@pat.hi-ho.ne.jp








     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    プロフィール

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    エントリー

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    リンク

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM