OTH HUG UKW-G4000A UKW-G402A 札幌 マンション ボイラー 交換取替 博光

0
    こんにちは。山田です。
    蒸し暑い日が続きますね。

    先日・・・・久しぶりに気合を入れてブログを書いていました。操作を誤り、全部消えてしまいました
    冷や汗
    さて、気を取り直してもう一度。

    7月も後半に差し掛かりましたが、例年7月からボイラー交換のご依頼が増えてきます。更にお盆過ぎから年末にかけて急激にご依頼が増えてきます。
    年内にボイラー交換をご検討中のお客様はお早目にご連絡いただけると助かります。

    さてさて、最近このブログをご覧いただきましたお客様からもおっしゃっていただきましたが、「最近、ブログのデザインが変わって良くなりましたね!!」

    そうなんです。実は、最近弊社でリフォーム工事を施工させていただきましたお客様が、お菓子等のパッケージのデザインをやってらっしゃるデザイナーさんでいらして、
    ご訪問させていただいた際にお仕事中のお客様のパソコンを見せていただきデザイン力の高さに、私が感動して、思わずそのお客様にチラシを含め、ブログのデザインをお願いした次第です。仕事がとても早く、私が希望する以上のものをご提案して下さいます。
    ブログのデザインも一新されて益々張り切る山田です。配布させていただいておりますボイラー等のチラシも順次新しいデザインに切り替わり、今まで以上に内容がわかりやすくなっているものと思います。

     
    さて、表題にもございますが

    ■ ノーリツ OTH シリーズ

    IMG_1160.JPG


    ■サンポット HUG シリーズ

    P7060043.JPG

    ■コロナ UKW シリーズ
    DSCF6497.JPG



    マンションベランダに設置されていますこの3シリーズ。暖房・給湯・追い焚きの壁掛けボイラーの交換が昨年末から急に増えてきております。

    特にコロナ UKW−G402A UKW−G4000A は、コロナが後継機種の販売を行わず、平成31年2月で修理やメンテナンスを終了する事を表明しており、今後はノーリツ製への交換となります。
    入居者様へは、マンションの管理会社等から、住民全体での交換の案内が出ていることと思います。


    実は先日、あるマンション管理会社様から当社へ苦情申し入れの電話がありました。
    それは・・・、
    「マンション全体で交換の取り纏めを行っている最中にチラシを入れられると、博光の金額があまりにも安いので話が混乱して、まとまらなくなるのでチラシを入れないでくれないか。」との申し入れでした。

    私は、その方に丁寧に当社のボイラー交換の工事内容等をご説明させていただきましたところ、「聞いているのとは違うな」とおっしゃられたのです。こちらとしましては突然の電話でしたから、どなたにどのような事をお聞きになったかお伺いさせていただきました。

    電話をかけて来た管理会社様が、担当のメーカー営業マンから聞いたとする話をまとめてみますと、

    1.こんな安い金額でできるわけがない

    2.追加追加でチラシに表記されている金額よりどんどん高くなるはずだ

    3.この業者はトラブルが多いらしい


    このような事でしたが、当社としましては特に「3」を含め、どれも聞き捨てなない内容でしたので、当社の営業担当者を通じてこのような話をされた、管理会社様担当のメーカー営業マンに直接確認をさせていただきました。

    確認の結果、メーカー営業マンは「それらしいことを言った」と認められました。管理会社様も、メーカーの担当営業マンもそれぞれの立場やご都合があって話をされていることとは思いますが、当社といたしましては、事実とは異なる話をまことしやかに語られていることを知った以上、誤解のないように皆様にお伝えさせていただかなければなりません。

    この場をお借りして改めて記載させていただきます。

      

    ■当社では、これまで一度も壁掛型ボイラーにおいて追加が発生した事案は無く、チラシ通りの金額で施工を行っております。

    ■追加工事は一切発生しません。仮に、一般的に考えられないような、どこの業者においても想定外のような現場状況であったとしたなら、現地確認の際に、再度お見積もりという事にはなります。

    ■メーカーの担当者に確認しました。「メーカーの指定修理店等を含め、当社についての悪い話は聞いたことがない、逆に評判が良いとの話を聞くことがある。」と回答をいただきました。

    尚、発言のすべてにおいて事実無根であり、何ら根拠のないことでありますから、当社ではメーカーに対しても正式な回答を求めているところであります。


    そもそも、ボイラーは、区分所有、専有部分の設備であり、交換の際の業者選びは入居者の方の自由であり、何社かの選択肢があった方が良いと思っております。

    組合員全体のスケールメリットが活かされた、より良い条件でのお得感満載だったら良いお話だとは思いますが、実際はお客様と業者との相性もあったり、70万円もするボイラーを共同で購入しましょう!お申込みはいついつまでですよ!と言われましても、入居者にとっては様々なご事情もおありでしょう。現在は問題なく使えているので、交換は来年か再来年にしようと思っておられる方も当然いらっしゃると思います。

    場合によってはこのような事も起こり得ます。

    当社では、現金の他にリフォームローンでもお支払いが可能なのですが、お客様によってはローン会社の審査でローンが組めない場合も多々ございます。交換申し込みをしたのにもかかわらず、キャンセルせざるを得なくなるのです。そんな時、個人情報の問題もありご近所同士が気まずい思いをする事もあるのです。



    弊社ではコロナからノーリツに交換した場合、488,000円(税別)にて行っております。(上記の金額は今年の10月20日以降の受注は値上がりする予定となっております。)

    ■ 工事代金や古いボイラーの廃棄費用等全て含まれています。


    ■ 施工日から7年間の保証料は12,400円(税別)は別途となります。

    ■ 施工日から10年間の保証料は50,400円(税別)は別途となります。

    ■ 札幌市内での施工となります。

    ■ それ以外に追加金額が発生する事は絶対にございません。



    これに対して、マンション管理会社から組合員様への提案金額は65〜70万円程度とのことでした。当社の金額がなぜお求めやすいのかという理由をあげさせていただきます。

    ■ 完全自社施工である

    ■ 一切の中間マージンがない

    ■ マンションのボイラー交換の実績が豊富である

    この3点です。



    今回の件に限ったことではありませんが、参考までに業界の裏事情を含め、少しだけ追記させていただきます。



    マンション全体で高額なボイラー工事を一括して受注できると、管理会社さんにも相当な金額の中間マージンが入る可能性があります。(あくまでも可能性です。)

    そのような可能性がある場合に当社の安価なチラシを入れられると、管理会社にとっては大きな損失かもしれません、しかし、管理会社って住民の利益を一番に考えることが本来の目的ではないのでしょうか。

    毎月、管理組合からマンションの管理料を払っていただいているのですから入居者の方が少しでも安く設備更新を行えるようにするのが本来の管理業務だと思うのですが、皆様はどう思われますか。

    ■ここで誤解の無いように申し上げますが、全ての管理会社がこのような際に中間マージンを受け取っている訳ではありませんよ。

    弊社では様々な管理会社様からご依頼を承っておりますが、あくまでも管理会社様からはご紹介頂くだけで、紹介料等、法人のお客様には一切お支払いしておりません。当社では、お客様直接でのお取引とさせていただいておりますので、基本的には下請け工事は行なっていません。


    ■ 今後、マンションの総会等で、このような提案があった場合「管理会社のマージンはいくら含まれていますか?」と質問をされてみるのも良いかと思います。

    業者から提出された見積書には、管理会社の取り分なんて記載は絶対にないですから、ほとんどの管理会社は「中間マージンは一切ありません」と即答してくれるものと思います。

    返答に時間がかかるようだと・・・・・・


    工事に何日もかかるのであれば別ですが、ボイラー交換は1日で終わります。普通に考えて、ボイラー交換をする時に個人で70万円ってどう思われますか。

     

    管理会社の社員さんだったら、ご自分が住んでいらっしゃる家のボイラーを交換する際、知り合いの業者を通じて少しでも安くして欲しいと思うものですよね。

    ましてマンション単位で数十台〜百数十台単位での交換となるのであれば、もっと安くなっても良い様に思うのです。

    業界の悪しき習慣は変えていかなければなりません。
    お客様には少しでもお求めやすい価格でご提供できるように努力する事も企業として大切なことではないでしょうか。


    誤解がありませんように、もう一度

    ■全ての管理会社がそうではありません。←ここは大事です。
    ■良い管理会社さんもいっぱいあります。



    当社では、これからも管理会社様 管理組合様 各メーカー様と協力しながら、お客様に技術とお求めやすい価格でサービスをご提供していきたいと思っております。




     株式会社 博光 (はっこう) 創業47年

    受付時間


    月〜土曜日 朝8時半〜夜8時


    電話  011−782−6961
    FAX 011−783−6940
    メール 
    hakkokk@pat.hi-ho.ne.jp
    HP     http://hakkoh.info/
    札幌市東区本町1条1丁目3番11号

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    プロフィール

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    エントリー

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    リンク

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM