パネルヒーター 温まらない 不凍液 寒い 札幌

0
    山田です。こんばんは。
    たくさんのお客様にブログを読んでいただき嬉しい限りです。

    字が大きくて、読みやすいとおっしゃっていただいております。今日も太字で大きめの文字で書かせていただきます。

    さて、表題にもございますが


    1 パネルヒーターの隅々が温かくならない!!
    2 とにかく寒い!!
    3 他社でパネルヒーター交換をしないとダメだと言われた・・・
    4 ボイラーは動作してているが、パネルヒーターが温まらない!!
    5 複数の業者に見てもらったが、何度来ても直らない!!
    6 ファンコンベクターを使っているが寒い!!


    そのようなお問い合わせをたくさんいただきます。

    1についてですが

    【エア溜まり・不凍液不足】

    パネルヒーターが隅々温まらない原因として多いのが、不凍液が足りていない場合です。
    ボイラーから各パネルヒーターに配管が繋がっていっていますが、ボイラーの缶体の中、配管、パネルヒーターの隅々まで不凍液が行き渡っていないと温まりません。

    通常はボイラー本体や、その配管周辺にエア抜きがありますのでそこでエアを抜いたり、パネルヒーターにもエア抜きがありますので、そこからエアを抜きます。

    これ自体はそれほど難しい作業ではありませんが、エアを抜くためには、不凍液をある程度補充して、配管内の圧力を高めてあげないと、エアが押し出せません。配管圧力が低い状態でエア抜きをすると、逆にエアを吸い込むことになります。また、配管の状況によっては、ボイラーやパネルヒーターのエア抜き箇所からエアが出てこないことも多々あります。

    その際にはシスターンと呼ばれる機械をボイラー付近の配管に接続して、その機械で不凍液を循環させてエアを抜く作業が必要となります。


    【配管のご接続】

    パネルヒーターは本来上から温まりますが、下から温まる場合には、ボイラーからの配管で往きと戻りが逆に接続されています。

    パネルヒーターのメーカーによっては、逆接続でも、そこそこ温まる場合もありますが、極端に温まらなくなるメーカーのものもあります。


    【パネルヒーターの故障】

    パネルヒーターは車のラジエーターと同じく、単なる液体が流れるだけのものですから、機械的に故障する部分は、パネルヒーター本体ではなく、本体に繋がっている

    ○ 配管のバルブ
    ○ 温度調整のサーモスタット
    ○ サーモスタットの温度感知で流量を調整する役目のインセットの不良
      又はサビ等による閉塞


    【ボイラーの故障】
    不凍液を循環させる循環ポンプが古くなって、押し出す力が弱くなっている。

    等が原因となります。



    2 とにかく寒い!!

    【ボイラーの設定温度】
    暖房の不凍液の温度
    暖房専用ボイラーでは、その温度をリモコンで調整できます。昔と違って灯油代も高いですが、あまりにも温度を低くして不凍液を循環させても部屋が暖まりません。春先や秋口は低めの温度設定でも良いですが、
    厳寒時にはボイラーの温度設定は高めに設定して下さい。

    【サーモスタット】
     パネルヒーターにサーモスタットハンドルが付いている場合ですが、サーモスタットの中には、ガスや液体が入っていて、それが室温によって体積が変わることによって、インセットを動作させて、パネルヒーターに流入する不凍液を入れたり、止めたりしています。周辺の温度を感知していますので、その付近に物をたくさん置いてしまい、サーモスタットの周辺に熱がこもってしまうと、部屋は寒いのに、誤動作によってパネルヒーターが温まらなくなります。

    【パネルヒーターは熱い】

    使っていないお部屋のパネルヒーターは止めていませんか?

    パネルヒーターは窓からの冷気を遮断するために、基本的に窓の下に取り付けてあります。
    使わないお部屋でも、弱くして使ってください。冷え切ったお部屋の冷気が暖かいお部屋に流れてきて、暖かくしたいお部屋まで寒くなってしまいます。

    また、適切な使い方をしていてもどうしても寒い場合にはパネルヒーターを大きなものに交換する事も必要です。部屋の大きさに見合っていないパネルヒーターでは限界があります。横幅を大きく出来ない場合には、より、背の高いものに替えることも可能です。


    1と2について書かせていただきましたが、5について書きます。


    5 複数の業者に見てもらったが何度来ても直らない!!
    これにつきましては、昨年大きな事例が二件ございました。

    |12年位のマンション
    あちこちのパネルヒーターが正常に温まらず、セントラル暖房を止めたい!! とのご相談でした。

    最初はボイラーメーカーの指定修理店さんが来て、ボイラーの点検や不凍液の補充をした。
    来た時にはほんの少しは良くなったような感じはしたけれど、しっかりとは温まらない。

    その後も何度か来て、そのたびに料金はかかるものの、一向に良くならない。

    ボイラー修理の業者ではダメなのでマンションの管理会社から紹介された業者(大手の設備業者さん)に来てもらって、修理業者の時と同様の作業を行ったがやはり温まらず、そこで提案されたのが

    ■配管洗浄

    ■パネルヒーターの洗浄

    ■不凍液の入替


    以上の工事で80万円程度 
    冷や汗 + ボイラー交換50万以上だったはず=130万以上

    それを聞いたお客様は、同じマンションにお住いの当社のお客様から紹介されてお電話をかけてこられました。

    お客様は

    セントラルヒーティングを止めて他の暖房にされたいので相談したいと・・・・

    そこのマンションでは、何件もボイラー交換をさせていただいておりましたので、すぐにお伺いをして、上記のお話をお伺いさせていただいたのでした。

    私も色々なご相談はお受けしておりますが、そうそうたる業者さんがあれこれやってみてダメだったのだから、さすがに今回は難しいぞ・・・・と思いました。

    でも、なぜ温まらない??

    原因が知りたい!!


    そこが 博光なのです



    私がご提案させていただいたのは、

    いつもの配管洗浄+パネルヒーターの分解洗浄

    金額はいつものボイラー交換+数万円でした。

    数日後の施工に向けて、社内でミーティングを行い施工部隊のモチベーションを高めました!!

    そして・・・施工当日

    いつもより、戦闘能力を高めた施工部隊は、いつも以上に神経をとがらせて、ミーティング通りの施工を行いました。

    温まらなかったらどうしよう・・・・誰もがそんな不安を持ちながらの作業だったに違いありません。

    全てのパネルヒーターを元に戻して、ボイラーの配管も終わり、いざ、不凍液の注入です。

    不凍液の注入を進めながら、各パネルヒーターのエア抜きをしていくと、パネルヒーターのエア抜きバルブからはシューと勢いよくエアが抜けてきます!!

    全ての部屋のパネルヒーターにどんどん不凍液が入っていき、それと共にエアが抜ける音が
    嬉しい

    不凍液の注入が終わり、いよいよ試運転ですびっくり

    ボイラーを燃焼させてしばらくすると、各部屋のパネルヒーターがじんわりと温かくなり、時間を追うごとにそ

    の温度が上がっていきます
    楽しい


    30分もすると、全てのパネルヒーターの隅々が温まり、お客さんも大喜びです拍手


    施工部隊の顔つきも穏やかになり、笑顔になっています。

    ほどなくして、私も含めた当社のスタッフ全員が思いました・・・・え??・・・なんで??

    そうなんです。パネルの洗浄の時もさほどの大きな汚れがあったわけでもない

    その他の部分でも何か、決定的なことがあったわけでもない・・・・

    温まらない特別な原因らしきものは何もなかったのです。


    その後の社内ミーティングで出た結論・・・今となっては推測ですが

    ただ単に・・不凍液・・の入れ方が悪かったのでは??

    今回のように、話が大きくなっていないだけで、普段もこのようなことは多々あります。


    やはり、基本は大事です。そして、他社様の出した答えはうのみにしない。はい・・それだけです。

    何社にも見てもらっても直らなかったのに、 博光さんは凄い!!

    それを言っていただくために頑張っております


    ここから先は字を小さくします・・・・

    しかし・・・完ぺきではありません悲しい ドジなところもいっぱいあります・・・そういう時は責めないで下さいショック




     株式会社 博光 (はっこう) 創業47年

    受付時間


    月〜土曜日 朝8時半〜夜8時

    日曜・祝祭日は休日となっておりますが急な故障等でお困りの時にはご連絡下さい。

    留守電話応答の際には、ご用件、ご連絡先を入れて下さいますと、追ってご連絡させていただきます。


    電話  011−782−6961
    FAX 011−783−6940
    メール 
    hakkokk@pat.hi-ho.ne.jp
    HP     http://hakkoh.info/
    札幌市東区本町1条1丁目3番11号











































     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    プロフィール

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    エントリー

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    リンク

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM