電気温水器 交換 修理  床 補強 札幌

0
     山田です。

    3月だというのにこの吹雪

    早く春にならないですかね。

    さて、かれこれ5年ほど前に倒産した、3階建てコンクリート住宅で当時は年間100棟ほど売れていた早川工務店の物件です。

    ここのお宅では、暖房給湯一体型の電気温水器が採用されていました。

    暖房が暖まらないという事で見てきましたが、見てビックリ!!



    電気温水器が左に傾いています。

    dc030113.jpg



    床下点検口が近くにあったのでそこから覗いて見ると

    床の補強が全くされていません。

    45亞僂凌睫據覆燭襪)の上に12个離灰鵐僖佑12个離侫蹈◆爾施工されているだけでした。

    この温水器は470リットルタイプです。
    ということは、総重量が550Kgになります。

    それが床の補強もせずに普通に置かれているだけなのです。

    床が傾いて当然です!!



    dc030122.jpg



    お客様にご説明をさせていただいて、後日、床の補強工事を行いました。

    ジャッキアップしながら、電気温水器の3箇所の脚の下に角材を設置して、床下のコンクリートに十分な強度のある支柱で角材を支えました。

    dc030124.jpg



    支柱と土間コンクリートは特殊な接着剤で強固に接着しました。

    dc030130.jpg


    それにしても、これほどの重量物を設置する床なのに本当に考えられないような施工ですね。

    早川工務店の物件にお住まいの方、温水器の設置された床が凹んでいたり、温水器が傾いていないかの確認をしてみて下さい。


    電気温水器の修理・交換は下記までお気軽にどうぞ。


     株式会社 博光 (はっこう) 創業44年

    受付時間

    月〜土曜日 朝8時〜夜8時

    日曜・祝祭日は休日となっておりますが急な故障等でお困りの時にはご連絡下さい。


    電話 011−782−6961
    FAX 011−783−6940
    メール 
    hakkokk@pat.hi-ho.ne.jp
    HP     http://hakkoh.info/
    札幌市東区本町1条1丁目3番11号






    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    プロフィール

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    エントリー

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    リンク

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM