OHQ 灯油 セントラル 不凍液 水漏れ 漏水 ボイラー 暖房 札幌 博光 火災保険

0
     山田です。こんにちは。

    昨日から、急に気温が下がり、紅葉を楽しむどころか、寒々とした街中になってきましたね。

    さて今日は、皆様がご加入されていらっしゃる火災保険についてのご説明をさせていただきます。

    マンションにお住まいでも、マンションにお住まいの方でも、ほとんどの方は火災保険にご加入されている事と思います。


    火災保険と聞くと、火事のときにしか保険の対象にならないと思われていらっしゃる方が多いと思いますが、建物の給排水や暖房配管等の事故の際にも保険金が出る場合があります。


    当社で実際にお取扱させていただいた事例ですが


    【事例1】凍結による水道配管破裂

    二世帯の木造住宅で、水道配管が凍結し、2階の一部と1階の3分の一程度が水びたしになってしまいました。

    しかし、火災保険の適用になることをお知りにならなかったお客様は、自然乾燥させて生活を継続されていらっしゃいましたが事故から1年が経過していました。

    たまたまボイラー交換のご依頼を頂き、お見積りにお伺いしましたところ、天井のクロスに染みが付いていたり、クロスが剥がれていたりの状況でした。


    早速、火災保険の適用になるかもしれない事をお伝えして、保険屋さんに確認の電話をして頂いたところ、やはり適用になりますとの回答があり、
    当社にて、漏水の被害状況を調べて、復旧工事のお見積を提出させて頂き、その結果、お客様の出費はゼロ円で被害箇所は新築のようになりました。

    その時に火災保険会社から出た金額はナント!!280万円

    ビックリの金額ですよね

    しかし、万が一の為に、毎年毎年、保険料を払っているわけです。

    言うなれば、お客様の当然の権利ですよね


    【事例2】暖房・給湯一体型ボイラーの故障による不凍液の漏水

    マンションにお住まいのお客様ですが、長年ご使用のボイラーから不凍液が漏水。

    お客様より、当社にボイラー交換のご依頼があり、速やかにボイラーを交換いたしました。

    しかし、ボイラーは新しくなっても、廊下のカーペットには真っ赤な染みが・・・

    玄関近くにあるボイラー室から不凍液が漏れ、廊下のカーペットに赤く不凍液の染みが付いてしまいました。

    そこで、火災保険の適用になる可能性があるかもしれませんよ。

    お客様は、え?? 火災保険で??

    早速保険会社に連絡をして頂きますと、やはり、対象になりますとの回答

    当社にて、被害状況を調べさせて頂き、お見積書を作成させていただき、今回もまた、廊下のカーペットは綺麗になりました。









    【事例3】 暖房配管から循環水の漏水(そのお宅は当初、水道水を使用)

    マンションのお住まいの方ですが、事例2と同様、灯油のセントラル暖房システムが採用されているマンションです。

    写真はそのお宅のものではありません。参考としてご覧下さい。

    床から、暖房用の二本の配管が出ていて、パネルヒーターへつながっています。

    この、配管の接続部分から、長年にわたり、循環水(水)が漏れていました。

    通常は、不凍液が注入されているはずですが、ここのお宅では水でした。

    長年の漏水により、配管周辺のフローリングに染み込み、フローリングの表面がひび割れを起してしまい、表面が軽くはがれている状況でした。







    今回も暖房配管の事故ということで、保険会社に確認したところ、保険適用との回答がありました。

    暖房パネルが全部で4箇所設置されていましたが、その内、3箇所で同じようにフローリングの傷みが確認されました。

    フローリングの傷んだ部分は、配管付近だけですので大きな面積では有りませんが

    何せ、10年を過ぎたお宅では、フローリングの部分貼替をしようにも、まず、同じ材料がありません。

    それに、もし有ったにしても、そこだけ色が変わってしまい、綺麗に仕上がりません。


    そこで、私から、保険会社様へその旨のご説明をしましたところ、全部屋の貼替となりました。

    このブログをご覧の皆様、何度も言います!!

    火災保険ですよ。火災保険!!

    火事でなくても良いのです。給排水や暖房等の住宅設備の事故なのですから。

    保険料をお支払いのお客様の当然の権利なのです。

    もしも、お客様のお宅でも、上記のようなことがございましたら、私に声を掛けてください。

    全力でサポートします。。


    本日、浴室用地デジTVのご注文を下さいましたK様、今回、初めてのお客様ですが、このブログを何度もご覧いただいていたと電話でお聞きし、本当に嬉しかったです。

    最近、更新していないとのご指摘もいただきました・・・ありがとうございます。

    読んで下さっているお客様がいらっしゃると励みになります。

    26日は、私も現場に同行いたしますので宜しくお願い致します。

    お会いできます事を楽しみにしております ←私に似ていますでしょうか?(笑

    当日教えてください



     株式会社 博光 (はっこう) 創業42年

    受付時間

    月〜土曜日 朝8時〜夜8時

    日曜・祝祭日は休日となっておりますが予めご連絡いただければいつでも飛んでいきます! !


    電話 011−782−6961
    FAX 011−783−6940
    メール 
    hakkokk@pat.hi-ho.ne.jp
    HP     http://hakkoh.info/
    札幌市東区本町1条1丁目3番11号









    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    プロフィール

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    エントリー

    カテゴリー

    アーカイブ

    コメント

    リンク

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM