札幌 小樽 暖房 給湯 ボイラー 博光CM放映決定!!

0
    こんにちは、板垣です。
     
    先日、大商談会のお知らせをさせていただきまして、
    早速反響が届いております。
    いつも訪問して下さり誠にありがとうございます。
    今後もお知らせなど随時発信してまいりますので、
    よろしくお願いいたします。
     
    そして、この度CM放映が決まりました!
    『ボイラー』の言葉を見かけたり聞こえてきたりしたら、
    それは『博光』のCMです!?
    ラストには♪はっこう〜♪と流れますので、
    あ!博光だ、とお分かりになるかと思います。
    放送は2月15日から始まります。
    気に留めていただけるととても嬉しいです。
    CM製作時の様子です。↓
     
    さらに、、、
    どさんこワイド179 札幌テレビ(STV)
    『街角30秒勝負』コーナーに出演します!
    2月23日(金)にお目にかかれる予定です。
    元気いっぱいに紹介させていただきますので、
    こちらも併せてご覧いただければと思いますニコ

     

     

    お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。
    0120−973−991
    携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。
    メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。
    E-mail:8500 ★hakkoh.info
    株式会社 博光
    札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階
    営業時間 8:30〜20:00
    電話番号 011-595-7851
    FAX 011-595-7853


    札幌 小樽 暖房 給湯 ボイラー大商談会開催!!

    0
      こんにちは、板垣です。
       
      寒さ厳しい日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
      インフルエンザも流行っているようですので、どうぞご自愛下さいませ。
       
      さて、そんな寒い中ではありますが、
      決算前のボイラー大商談会として、2月24日(土)に開催が決定しました!
       
       
      暖房・給湯一体型ボイラーとしまして
      1.ノーリツOTHシリーズ、コロナUKWシリーズをお使いの方
      2.ノーリツOHQシリーズをお使いの方
      3.サンポットHUGシリーズをお使いの方
      それぞれ特別大特価にてご提案をさせていただきます。
       
      また、給湯ボイラーと暖房専用ボイラー別々のプランもご用意しております。
      ・給湯ボイラー 
       ノーリツ OTQ-G4702SAWFF
      ・暖房専用ボイラー
       ノーリツ OH-G1202FF-RC BL
      給湯だけ、または暖房だけのボイラー交換をお考えの方、
      あるいは2台置きをご検討の方への交換プランとなります。
      暖房・給湯ボイラー同時に交換の場合は20,000円のお値引きを
      いたしますので、こちらもおすすめですよ。
       

       
       
      最近ボイラーの調子が悪いみたい・・
      まだ使えてるけど10年以上使ってるからそろそろ交換しようかな・・
      よく分かんないから話を聞きたい・・
      などなど、お越しいただいた際には丁寧にご説明させていただきます。
      プレゼントも用意してお待ちしておりますので、ぜひお越しください!
       
       
      ======決算前のボイラー大商談会======
       
       日時:2月24日 土曜日 10:00〜17:00
       場所:札幌市生涯学習センター ちえりあ
        ※株式会社ノーリツ・株式会社タカギ協賛
       
      =============================
       
      お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。
      0120−973−991
      携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。
      メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。
      E-mail:8500 ★hakkoh.info
      株式会社 博光
      札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階
      営業時間 8:30〜20:00
      電話番号 011-595-7851
      FAX 011-595-7853

      暖房 給湯 札幌 小樽 マンション ボイラー交換 ナショナル OK-S1010 ノーリツ OH-G1202FF-RC

      0
        こんにちは、板垣です。
         
        先日、札幌市内の某マンションへボイラー交換に伺った際のお話です。
        暖房、給湯別の2台のタイプで、調子が悪いのは暖房のみ、
        給湯は普通に使えているとのことでした。
         
        しかし、給湯もいつ故障するとも限りませんから、
        お客様もご心配になられたのでしょう。
        同じマンションの方にいろいろお話を聞かれたそうで、
        結局、暖房と一緒に給湯ボイラーも交換となりました。
        同じぐらいの使用年数であれば突然の故障の可能性は十分にありますから、
        交換しておくことでとても安心ですね。
        また、2台同時の交換ですと20,000円の値引となりお得です。
         
        事前に設置状況などの確認のため、
        弊社の若手ホープ山田社員が訪問させていただいたのですが、
        かわいいお兄ちゃんで感じもよかったので決めました〜、
        なんてことを仰っていただき、気持ちもポカポカです。
         
        旧暖房ボイラーは、ナショナル OK-S1010
        下にポンプが付いているタイプですが、
        交換後のボイラーは、ノーリツ OH-G1202FF-RC
        ポンプ内蔵型でコンパクト、スッキリしています。
        低騒音なのもおすすめポイントです。
         

         *施工前の状態です。。
         

         *施工後になります。。
         
         
        給湯の方はオート機能付き、スイッチポンで
        お湯はり→自動ストップとなるので楽ちんで忘れる心配もありません。
        追い焚き機能もあり、設定通りの湯温・湯量での沸き上がり可能です。
         
        ボイラー設置はベテランの浜本社員、中井社員です。
        作業しながら説明などさせていただきましたが、
        いろいろお話してくれてありがとう!とお礼の言葉までいただきました。
        やはりお礼の言葉というのは嬉しいものですね。
         
         
        お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。
        0120−973−991
        携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。
        メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。
        E-mail:8500 ★hakkoh.info
        株式会社 博光
        札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階
        営業時間 8:30〜20:00
        電話番号 011-595-7851
        FAX 011-595-7853

        ボイラー交換 暖房 給湯 厳しい寒さへの備えを! 札幌 マンション

        0
          こんにちは、板垣です。
           
          この時期、時折寒さが和らぐこともありますが、
          当分は厳しい寒さとお付き合いしなくてはなりませんね。
          ちょうど寒さ厳しいときに、暖房が壊れた!
          お湯が出なくなった!
          なんてことがよくあります。
           
          機械ですから寿命は必ずあるもので、
          通常10年以上使用であればいつ壊れてもおかしくない状態です。
          長い間使っていて、最近ちょっと調子が悪いな…と
          感じたときは修理というより交換を考えた方がよいかもしれません。
           
          修理も不可能ではありませんが、
          使用年数が長い場合は、修理をしてもまた不具合が出てしまう可能性が高く、
          修理を繰り返すたびに費用がかかります。
          そのうちに別のところに不具合が出てしまい、
          結局、交換せざるを得ないという状況になります。
          また、古い機種ですと交換部品がなかったりして
          修理自体が不可能という場合もあります。
           
          まだ使えるから…と思っていても、突然悲劇はやってきます。
          備えあれば憂いなしです。
           
          しかしボイラー交換となると、費用は安いものではないので
          簡単には決められないと思います。
          現在ご使用の機種や建物の設置状態によっても料金が変わってきますが
          お気軽にお問合せください。
           
           
          お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。
          0120−973−991
          携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。
          メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。
          E-mail:8500 ★hakkoh.info
          株式会社 博光
          札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階
          営業時間 8:30〜20:00
          電話番号 011-595-7851
          FAX 011-595-7853
           
           

          ボイラー パネルヒーター 不凍液交換について

          0
            こんにちは。板垣です。
             
            4年毎におすすめしている不凍液の交換について、
            簡単に説明をさせていただきます。
             
            不凍液の交換に伺った際にはまず、作業内容をお伝えしてから
            始めるようにしています。
            1.現状の確認のため試運転を行う
            (夏季の場合は暑いですが、少々我慢願います^^;)
            2.不凍液を抜く
            3.パネル・配管の洗浄
            4.新しい不凍液を入れて試運転
             
            不凍液の交換というと、今入っている残りの不凍液を抜き取って
            新しい液に入れ替えるという単純な作業に感じると思うのですが、
            最終的に正しい状態で使用できるようなるまでには
            結構、時間と手間がかかります。
             
            初めに現状の温まりを確認させていただくために
            試運転をします。
            その後、古い不凍液を抜きます。
             
            不凍液を抜いた後は、パネルや配管を水で洗浄し、
            詰まりや汚れを落とします。
            この洗浄を行わなかったり、いい加減でキチンとやらないと
            後に故障に繋がることになります。
             
            きれいに洗浄ができたら新しい不凍液を入れて試運転です。
            この試運転の際に、工事担当者と一緒にお客様に
            暖房機の温まりを確認していただきます。
            問題なく稼働すれば不凍液交換は終了です。
            最後に使用させていただいた場所をきれいに掃除をして
            全て完了となります。
             
            以上が不凍液交換時の流れとなります。
            順調に進めばこの流れの通りですが、
            作業途中に問題が見つかった場合には別途対応となります。
            状況によってご相談させていただきますので
            よろしくお願いいたします。
             
             
            お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。
            0120−973−991
            携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。
            メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。
            E-mail:8500 ★hakkoh.info
            株式会社 博光
            札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階
            営業時間 8:30〜20:00
            電話番号 011-595-7851
            FAX 011-595-7853
            株式会社 博光 本社
            札幌市東区本町1条1丁目3番11号
            電話 011-782-6961
            FAX 011-783-6940

            パネルヒーター 不凍液交換のおすすめ

            0
              こんにちは。板垣です。
               
              ここ数日は最低気温がぐっと低く寒さがこたえますね。
              こんな寒いときに暖房が壊れてしまった!なんてことになったら大変です。
               
              パネルヒーターを使用されていらっしゃる方から、
              温まらなくなったのでどうしたらよいか?とのお問い合わせをいただきます。
              パネルヒーターの交換??と考えてしまうかもしれませんが、
              原因によって対処法はさまざまです。
               
              原因を突き止めるためには細かく状態を聞き取りさせていただく必要があります。
              一部分だけが温まらないのか、全体的に温まらないのか、
              温まり方が弱い、不凍液を交換しても温まらないなど…
              新築当初から温まったことがないとなると配管の仕方に問題がある可能性が
              考えられ、配管の入れ替えが必要になる場合がありますが、
              配管の不具合でなければ、不凍液が原因である場合が多くあります。
               
              不凍液を注入する際に空気が入ってしまうと不凍液が隅々まで行き渡らず、
              ムラができてしまうことがあります。
              その場合はエア抜き作業で改善します。
              また、不凍液を長年交換せずに使い続けていると、配管内にゴミが溜まり
              その結果、配管が詰まってしまうため洗浄が必要となります。
              前回のお話の中で洗浄しているところをご紹介しましたが、
              これは簡単にできるものではないので、作業の時間もかかり、
              費用もかかってしまいますね。
               

               
              そうならないためには不凍液の交換が必要です。
              不凍液の中には防錆剤が入っていて、防錆効果があります。
              内部が錆びると故障の原因になるため、この防錆剤が重要なのです。
              防錆効果は4年程度ですので、弊社では4年毎の交換をおすすめしています。
              不凍液の交換が大切なこと、お分かりいただけたでしょうか。
              問題解決で快適な冬をお過ごしください。
               
               
              お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。
              0120−973−991
              携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。
              メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。
              E-mail:8500 ★hakkoh.info
              株式会社 博光
              札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階
              営業時間 8:30〜20:00
              電話番号 011-595-7851
              FAX 011-595-7853
              株式会社 博光 本社
              札幌市東区本町1条1丁目3番11号
              電話 011-782-6961
              FAX 011-783-6940

              パネルヒーター 修理・交換時は作業スペースの確保を!!

              0
                こんにちは。板垣です。
                 
                パネルヒーターの修理・交換となったとき、皆様にお願いしたいことがあります揺れるハート
                それは、作業するためのスペースを確保したいので、
                パネルヒーターの前は物が置いていない状態にしていただきたいのです。
                バルブの修理の際も同様ですが、一旦パネルヒーターを取り外すため、
                パネルが上下に回転できるぐらいの場所が必要となります。
                お部屋のスペースは無駄なく使うよう物の配置をしていらっしゃると思います。
                もしヒーターの前に何か置かれている場合は一時的に空けていただけると
                とても助かりますムード

                 
                 
                作業にはある程度お時間をいただきますので、
                効率よく作業を進められるようご協力をお願いいたします顔
                 
                 
                お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。
                0120−973−991
                携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。
                メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。
                E-mail:8500 ★hakkoh.info
                株式会社 博光
                札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階
                営業時間 8:30〜20:00
                電話番号 011-595-7851
                FAX 011-595-7853
                株式会社 博光 本社
                札幌市東区本町1条1丁目3番11号
                電話 011-782-6961
                FAX 011-783-6940
                 

                パネルヒーター 汚れ・詰まりで温まらない!!

                0
                  こんにちは、板垣です。
                   
                  前回はバルブからの液漏れについてのお話でした。
                  パネルヒーターを温めるのに必要な不凍液が漏れていては
                  どうにもなりませんので、漏れないようにするため
                  バルブの修理・交換などについて触れました。
                   
                  しかし液漏れがなくても温まらない場合もあります。
                  掘り下げるといろいろな原因があるのですが、
                  温まらないということは不凍液がうまく流れていないということです。
                   
                  不凍液が不足した場合、通常は補充をしますよね。
                  補充の仕方にも問題があって、詳しくは次の機会に触れますが、
                  ただ単に補充を繰り返せばいいというわけではないのです。
                  何も考えずに繰り返していると、次第に不純物がたまってしまい、
                  やがて配管やパネルヒーターが腐食していきます。
                  写真はたまった不純物を取り除いてきれいに洗浄しているところです。
                   
                   
                  見えない部分なので気づきませんが、目にすると恐いですねぇ…
                   

                    
                  きれいさっぱりしたところでパネルヒーターも温まり、
                  気持ちもほんわかで、めでたしめでたしです。

                   
                  お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。
                  0120−973−991
                  携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。
                  メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。
                  E-mail:8500 ★hakkoh.info
                  株式会社 博光
                  札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階
                  営業時間 8:30〜20:00
                  電話番号 011-595-7851
                  FAX 011-595-7853
                  株式会社 博光 本社
                  札幌市東区本町1条1丁目3番11号
                  電話 011-782-6961
                  FAX 011-783-6940
                   

                  パネルヒーター バルブからの液漏れ大丈夫?!

                  0
                    ご覧いただきありがとうございます。板垣です。
                     
                    社員ブログ、昨日はご挨拶でした。
                    本日よりいろいろなお話をさせていただきます。
                    できる限り伝わりやすいようにと思っています。
                     
                    今回はバルブからの液漏れについてのお話です。
                    写真を見てみるとピンク色の液が漏れ出ています。
                    旭イノベックス社製のパネルヒーターです。
                     

                     
                    このピンク色の液が不凍液ですが、(グリーンや無色の不凍液もあります)
                    このまま放置していたら、どんどん漏れていく一方ですね。
                    接続ナット部分から漏れていますので、このような場合の原因として推測されるのが以下の4つです。
                    …め付け方が弱い
                    締付過ぎ
                    バルブ自体(銀色のバルブボディー)の劣化
                    だ楝撹瑤飽枴が挟まり、それによってすき間が生じている

                    ,任△譴伉め直せばよいのですが、今までの事例としてこれで直ることは少ないです。
                    △任△譴价罎離僖奪ン交換や中の部品交換が必要となります。(銅管か樹脂管かによって方法は異なります)
                    であればバルブボディーの交換となり、同時にサーモハンドルの交換が必要となることもあります。
                    い任△譴舒貪戮个蕕靴特寧に異物を取り除いた後、組み直せば直ります。
                    いずれの場合にも修理作業のために一度不凍液を抜き取り、修理後は再充填、各室のパネルヒーターのエア抜きが必要ですので簡単な作業ではありません。
                    このように不凍液漏れがあると漏れた分だけ内部にエアが入りますのでパネルヒータの内部が酸化腐食して最終的には
                    パネルヒーターの表面に穴があいてしまいます。(鉄パネルの場合)そうなりますとパネルヒーターを交換するしかありません。

                    放置して手遅れにならないうちに手を打たないと!
                    というわけで、バルブの交換・修理なのですが、
                    これが少々厄介で、製造年によっては部品が無いものがあるんです。

                    更に厄介なのが・・外観は全く同じでも内部構造が違ったりする商品 (バルブボディー)もあります。当然、互換性が無いので後継部品として使うことは出来ません。
                    その様な時にはパネルヒーターを一度外して、バルブも外して内部を確認するしかありません。
                    その際に写真を撮って、各部のサイズも慎重に採寸して暖房機器専門の資材屋さんに部品を探してもらうのですが、何日も待って入荷してきた部品を持って再度修理にお伺いしても互換性がなく、使えなかったこともありました。
                    更には・・・おそらくこれで合うだろうということで入荷した部品がまた合わなかったりとそんなこともあります。
                    この厄介なバルブですが、ほとんどが輸入品です。パネルヒーター自体のメーカーが聞きなれた日本のメーカー製であってもバルブボディーやサーモハンドルはスウエーデン等からの輸入品なのです。
                    弊社では現在、パネルヒーター各社の修理にスムーズに対応できるように情報収集を行っています。
                    ボイラー交換の際などでお伺いした際にパネルヒーターの写真やバルブの写真を撮らせていただいています。
                    これは、近い将来パネルヒーター修理のご依頼があった時にスムーズに修理のご案内ができるようにする為です。
                    お客様のご協力をいただけたら嬉しいです。

                    パネルヒーターの事でお困りの際には、どうぞお気軽にお電話ください。お待ちしております。
                     
                     
                    お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。
                    0120−973−991
                    携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。
                    メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。
                    E-mail:8500 ★hakkoh.info
                    株式会社 博光
                    札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階
                    営業時間 8:30〜20:00
                    電話番号 011-595-7851
                    FAX 011-595-7853

                    株式会社 博光 本社
                    札幌市東区本町1条1丁目3番11号
                    電話 011-782-6961
                    FAX 011-783-6940
                      

                    社員ブログ開始です!!

                    0
                      新しい年、2018年がスタートしましたおてんき
                       
                      本年より社員ブログもスタートします。
                      私は業務担当の板垣と申します。
                      皆様とはお電話でお話をさせていただく機会が
                      あるかと思います。
                      社長ブログ共々、心を込めてお届けしてまいりますので
                      どうぞよろしくお願いいたします!!
                       
                       
                      昨年はお蔭様で賑やかで非常に盛り上がった年となりました。
                      一人一人が知恵と力を振り絞って、忙しさを乗り切ってきました。
                      大変だった分、達成感は大きいものです。
                       
                      この達成感が自己満足にならないように、
                      お客様に寄り添う気持ちを忘れずに
                      さらに今年も進んでまいります。
                       
                       
                      株式会社博光
                      これからも精いっぱい頑張ります嬉しい
                       
                       

                      お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。

                      0120−973−991
                      携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。


                      メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。

                       

                      屋外用暖房給湯一体型ボイラーもたくさんの在庫がございますので、即日交換にも行っております。

                      E-mail:8500 ★hakkoh.info

                      株式会社 博光
                      札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階

                      営業時間 8:30〜20:00
                      電話番号 011-595-7851
                      FAX   011-595-7853

                       

                       


                      | 1/1PAGES |

                      プロフィール

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      エントリー

                      カテゴリー

                      アーカイブ

                      コメント

                      リンク

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM