ボイラー 漏水 火災保険 株式会社 博光 札幌

0
    山田です。こんにちは。
    さて、表題にもありますが、日々、水廻りの仕事をしておりますとボイラーや周辺配管からの漏水によって床が水浸しになったお宅に遭遇します。

    ​このような場合、皆様がご加入しています火災保険(建物)で保障されることが多々あります。
    ​本日も数件、保険会社から委託されました鑑定会社さんと複数の漏水したお宅を廻ってきました。

    ​最終的な損害範囲や保険金額は鑑定士さんが判断する事となります。

    ​本来であれば加入されている火災保険で保障が受けられるにも関わらず、ご存じないことでせっかくの保険を活かしていない方が多い様です。

    ​保険金の請求は三年間有効ですので、以前、ボイラーや配管、トイレ等の水廻りで漏水事故のお心当たりのある方はお気軽に当社までご相談下さい。

    さて、ここ数年、大きな規模での、河川の氾濫による水災が増えてきております。

    その様な場合には、火災保険が生活の再建に大きな役割を果たすこととなります。

    火災保険にも「建物」「家財」がございますので今一度お手元の火災保険をご確認されてはいかがでしょうか。

    特に火災保険(建物)​​​​でも、古い契約のものでは「時価」となっている場合には要注意です。
    当初1,500万円で加入されたのにも関わらず保証される金額が年々減っていくタイプのものです。

    家が古くなった分、どんどん保証金額が減って、万が一の全損の際に年数に応じた減額査定となり、同規模の家を建て直す費用が保障されません。

    火災保険(建物)の契約が「時価」の場合には、「新価」又は「再調達」への切換をお勧め致します。

    ​​​また、火災保険や自動車保険、生命保険等様々な保険がありますが、そのような保険に入る際にオプションで「個人賠償責任保険」に入ることができます。

    ​「個人賠償責任保険」は単独では販売されていない保険ですので何かの保険のオプションで加入する事が必要です。

     
    ​何かの保険にオプションで付けておくと良いです。

    重複して幾つも入っても意味がありませんし、保険料の無駄です。この保険はご家族全員に対して有効なものです。


     
    特にマンションにお住まいの方は、万が一の水漏れ等によって下の階の方にいつご迷惑をお掛けするとも限りません。そうなった時に下の階の方々から莫大な損害賠償を請求されます。
    マンションにお住まいの方は必ずご加入くださいね。

     
    当社でも日々。水廻りの工事を行っていますといつ何が起こるかわかりません。
    その為に工事中はもちろんの事、お引き渡し後であっても、当社の施工に不備があり、お客様始め近隣住民の方々に損害を与えるようなことがあった際に備えて「事業活動包括保険」に加入しています。

     
    年間の保険料は決して安くはありませんがいつ起こるかわからない事故の際にお客様にご迷惑をお掛けしないようにしております。
    火災保険等についてご質問のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

     
    創業47年
    株式会社 博光
    電話011-782-6961
    hakkokk@pat.hi-ho.ne.jp








     

    火災保険 給排水 落雷 漏水 汚損 札幌 博光

    0
       山田です。 こんばんは。

      さて、気温が下がり、このところ急に増えてきたボイラー交換ですが、お客様宅にご訪問をさせていただき、現状を確認させていただきますと、ボイラー本体や周辺の配管からの漏水によってできた汚れが多く見受けられます。

      何度かブログでも書かせていただいておりますが、そのような場合には皆様がご加入の火災保険で補償される場合が多いです。

      表題の通り、給排水設備が原因の漏水事故や凍結事故、汚損、落雷によるボイラーや家電品の故障が発生していても、火災保険の事がよくおわかりににならずに補償を受けられずに放置されている方が多いのが現状です。


      先日、火災保険に関して、北海道新聞さんの取材を受けました。
      平成25年9月27日(金)の朝刊 19面に記事が掲載されました。

      少しでも多くのお客様に火災保険の事を知って頂きたいと思っていましたので、お手元にございましたらぜひお読みいただきたいと思います。

      もしかして火災保険で・・・・と思われた方は山田までお気軽にご連絡下さい。

       株式会社 博光 (はっこう) 創業44年

      受付時間

      月〜土曜日 朝8時〜夜8時

      日曜・祝祭日は休日となっておりますが急な故障等でお困りの時にはご連絡下さい。


      電話  011−782−6961
      FAX 011−783−6940
      メール 
      hakkokk@pat.hi-ho.ne.jp
      HP     http://hakkoh.info/
      札幌市東区本町1条1丁目3番11号

      ボイラー 落雷 火災保険 札幌 博光

      0
         山田です。 こんばんは。
        最近はダイエットのおかげでだいぶ痩せましたので少し細くしてみました。

        さて、ここ最近、局地的な豪雨や、天候の急変など、今までに経験をしたことがないような空模様となっていますがいろいろな要素がク偶然に重なってそのような事が起こるにしても、それにしてもちょっと多すぎますよね。

        ここ数日、お客様宅のボイラーの故障やお見積りでお伺いした際に、いつから使えなくなりましたか?とお聞きすると、27日の夜からとか、28日になって使おうと思ってスイッチを入れたのに使えなくなったということが多かったのです。

        皆様のお宅ではそういう事はなかったですか?
        今まで普通に使えていたボイラーやパソコンやその他の家電品が27日の夕方や28日に使おうと思ったら急に壊れていた!!

        実は8月27日の夕方?位から激しい雷雨でしたよね!!

        そうなんです、雷の影響でボイラーの基盤が損傷したり、パソコンが使えなくなってしまったり札幌市内だけでも多くの被害が出ているのです。

        ご自宅の建物に直接雷が落ちたのでなくても、多くの建物でこのような被害が発生しています。

        ボイラーや建物に取り付けられている住宅設備機器の場合には火災保険(建物)での対象となります。

        また、パソコンやTVなどの家電製品は、火災保険(家財)での保険対象となります。

        弊社では、このような場合の保険請求のサポートを行なっておりますのでお気軽にお申し付け下さい。

        なお、保険請求の時効は保険によって、2年〜3年です。

        ボイラーに関わらず、水道配管からの漏水事故やボイラー室やボイラーが設置された場所の周辺に漏水事故による染みなどがございましたらお気軽にご相談下さい。

        明日から9月に入り、いよいよ冬に備える時期となってきますが、お声を掛けてくださいましたお客様にお会いできるよう、全力で走ります!!

        では、今日はこの辺で。。



         株式会社 博光 (はっこう) 創業44年

        受付時間

        月〜土曜日 朝8時〜夜8時

        日曜・祝祭日は休日となっておりますが急な故障等でお困りの時にはご連絡下さい。


        電話 011−782−6961
        FAX 011−783−6940
        メール 
        hakkokk@pat.hi-ho.ne.jp
        HP     http://hakkoh.info/
        札幌市東区本町1条1丁目3番11号









        火災保険 建物 家財 配管 水漏れ 漏水 凍結 汚損 破損 札幌 

        0
           山田です。
          今日はお問い合わせの多い火災保険(建物)について書かせていただきます。


          ほとんどの方は家を購入する時にローンを組みます。旧住宅金融公庫からの借り入れの場合には【特約火災保険】に加入されたと思います。

          また、銀行からの借り入れの場合には◯◯海上火災等の保険会社の火災保険に加入されていることと思います。

          いずれも住宅ローンを組む際には、ローンを払い終わるまでの間、何らかの火災保険に加入することが融資の条件となっています。

          通常は住宅(戸建・マンション)ローンの借り入れに組み込まれて、一括払いで長期加入されていると思います。(25年とか35年)


          また、途中で住宅ローンの借り換えをされた場合には、【特約火災保険】をそのまま継続されたか

          【特約火災保険を解約】して【保険会社の火災保険】に入り直したのではないかと思います。

          【特約火災保険】を解約した場合には残り年数の保険料が返金されます。


          火災保険は通常、重複して加入してもほとんどメリットはないので二つに加入する必要はありません。

          ここでいう火災保険の対象は【建物】に対しての火災保険の事です。

          さて、この時期、屋根からの落雪でカーポートの屋根が壊れたり、物置が潰れてしまったり、雪による災害が多発しています。

          このような場合、皆様が加入されている火災保険で損害を補償してくれます。(損害状況、その他の要因によって補償されない場合もあります。)

          火災とは関係ない雪での被害ですが、火災保険は、別名 住宅保険とも言われます。

          その他、配管の凍結によって室内(天井・壁・床)が水浸しになったような場合でも損害として補償されます。水道配管以外では、ボイラーの穴あきで床が汚損したり、暖房配管の穴からの漏水で汚損したような場合にも補償されます。

          その他、雪によって塀が傾いたり、壊れたり、落書きで汚損しような時にでも保障されます。

          こんな時には・・・なんて思われた方は、お気軽にご相談下さい。

          さてさて

          このように火災保険(建物)は、火災以外の様々な場面で皆様の生活のリスクを補償してくれる保険なのです。

          スノーダクトの排水が凍結して家の中が濡れたり、外部からの飛散物で窓ガラスが割れたり、お住まいには様々なリスクが降りかかります。

          民間保険会社の火災保険の中には保険によって、上記以外にも、かなり手厚い補償がついた保険もあります。

          例えば、家の模様替えの最中に、うっかり手がすべり、家具や者を床に落としてしまい、床をへこませてしまったり、ドアや壁に傷つけてしまったり、そういった場合にも補償してくれる火災保険があります。

          ただし、引越し作業時の傷は対象になりませんのでご注意を!!

          皆様にお伝えしたい事は

          どんなに立派な保険に加入していても請求をしなければ補償してくれないという事です。今一度、加入時にもらった保険のパンフレットと保険証券を確認してみましょう。


          さて、残念ながら上記のような配管の破損や凍結事故になってしまった場合は、被害状況を正確に把握する必要があります。

          配管の漏水事故の場合、断熱材、下地材、壁材、クロス、フローリング照明器具等々、思った以上に被害が広がっています。

          被害状況を的確に判断し、復旧に必要な費用を漏れなく、適切な金額で拾い出す必要があります。

          保険事故の取扱には専門の知識が必要です。

          そして、実際に起きてしまった事故には、このような時の為に加入している火災保険に被害の状況に応じた適切な保険金を請求しなくてはなりません。

          そして何よりも、事故の状況を正確に保険会社に伝えなくてはなりません。

          嘘をついて実際の被害よりも大きく装ったり、実際に無かった事故をあたかもあったように装ったりする事は絶対にいけません。

          保険会社に事故の受付をすると、状況によって、保険会社から依頼を受けた鑑定士さんが来てくれます。

          鑑定士さんが事故の被害を確認し、お客様から提出された復旧に掛かる見積書をきちんとチェックして保険会社に報告をしてくれます。鑑定士さんの調査の際には、私が調査に立会い、鑑定士さんに事故原因の説明や被害状況についてご説明をさせていただいております。

          余談ですが、過大な保険請求を行なったり、事故を捏造するような業者さんもいるらしいですがそんな事は犯罪ですし、これは勝ち負けではないのです。

          何よりもお客様はもとより、私ども建築業者、鑑定人さん、保険会社さんと、日頃から良好な関係でスムーズに保険金のお支払いを受けることが大切です。

          話がそれてしまいましたが、鑑定人さんからの報告を受けて、保険会社は被害に応じた復旧工事の金額を決定して保険金のお支払いとなります。



          下記は、実際に火災保険で損害が補償された事例です。

          【ボイラーから不凍液が漏れ出した例】

          コピー (1) 〜 dc093084.jpg



          【雪の重みで倉庫の屋根が変形】

          dc041108.jpg



          【下屋のスノーダクトの凍結による玄関の軒天の損傷】

          dc041106.jpg



          【下屋のスノーダクトの凍結による内装壁の損傷】

          dc040552.jpg


          【下屋のスノーダクトの凍結による軒天の損傷】

          dc051213.jpg




          一見したところ何もないように見えますが


          dc040902.jpg



          拡大してみると

          【居間の床 磁器タイルの損傷】

          これはお客様の不注意で荷物の移動中にうっかり、物を落としてしまい。磁器タイルが割れてしまったものです。

          dc040904.jpg

          火災保険には、このように不注意で床を損傷したような場合でも、損害を補償してくれるものもあります。

          加入している火災保険によっては保障されない場合もございますが、普段から どんな場合に保障されるか調べておくと良いですね。



          何よりも、補償してもらえるべきものははきちんと補償してもらいましょう。

          その為に高い保険料を支払って加入しているのですからね。

          火災保険 建物や家財についてのご相談は 山田までお気軽にお問い合わせ下さい。

           株式会社 博光 (はっこう) 創業44年

          受付時間

          月〜土曜日 朝8時〜夜8時

          日曜・祝祭日は休日となっておりますが急な故障等でお困りの時にはご連絡下さい。


          電話 011−782−6961
          FAX 011−783−6940
          メール 
          hakkokk@pat.hi-ho.ne.jp
          HP     http://hakkoh.info/
          札幌市東区本町1条1丁目3番11号













          | 1/1PAGES |

          プロフィール

          カレンダー

          S M T W T F S
              123
          45678910
          11121314151617
          18192021222324
          252627282930 
          << November 2018 >>

          エントリー

          カテゴリー

          アーカイブ

          コメント

          リンク

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM