札幌 電気温水器 交換 修理 三菱 タカラ HOLS パナソニック 株式会社 博光

0
    こんにちは。山田です

    今日の札幌は最高気温が19℃まであがり、久々にあたたかな一日となりました。

    さて、本日は表題にもあります通り、電気温水器の交換工事をご紹介いたします。

    築30年位のマンションで電気温水器が使われていたり、オール電化ブームの時代に建てられたマンションでも電気温水器が多く採用されています。

    電気温水器の交換のお見積もりでお伺いしますと建物が建ってから30年一度も交換したことがない方がいらっしゃいますし、中にはまだ10年ちょっとなのに漏水したり、ヒーターが壊れたりしてしまう方もいらっしゃいます。

    個体差はありますが、私の経験上ですと、平均寿命は17,8年といったところだと思います。

    当時の電気温水器の売り文句は、灯油やガスの燃焼機器と違って、メンテナンスが必要なく、長持ちするのが電化機器です。

    だったはず・・・・

    当時やっきになってオール電化を勧めた電力会社やメーカーには、最後まで責任を持ってもらいたいものですよね。

    オール電化の蓄熱暖房機の製造メーカーや当時HOLSブランドをOEMでつくっていたメーカーさんはブームが去った途端に札幌を撤退してしまったり、補修部品の供給がなくなったり、今現在もお使いの方は困ってしまいますよね。

    さて、つい先日も電気温水器の交換を行ってきました。


    築36年のマンションです。今回は3回目の交換ということでした。単純に前の2台は18年ご使用したことになりますね。

    HOLS HTMC-3601B  1998年製です。

    電気温水器の交換を行う時に意外と多いのが、古い電気温水器や新たに設置する電気温水器の搬出入のスペースが確保できなかったり、電気温水器を入れ替えるために壁を壊さないとならなかったり、いろいろなことがあります。

    建築中のまだ間仕切り壁等が完成していない時に電気温水器を搬入して、その後に洗面化粧台を設置したり、電気温水器周りの配管を隠すための壁を設置したりするからなのですが、その時の工事担当者や、据え付け業者さんが後々の電気温水器の交換がいかに困難になるかわからないわけがありません。

    その時だけ良ければあとは知らない!!  それでは困りますよね。

    洗面台と壁に挟まれ・・・前方には棚があり・・・脱衣室の出入り口の高さも1800程度で低いです。
    脱衣室から出した後も、廊下が90度の曲りがあり、ここはマンションの2階ですが、エレベーターがありません
    びっくり

    このタイプの電気温水器は、天井近くまで高さがある、背の高い電気温水器です。

    電気温水器は、メーカーによっては、同じ容量でも、背の高いタイプと背の低いタイプの商品があります。

    このタイプは、背が高い分、直径が細くなります。

    逆に背が低いタイプの電気温水器では、直径が太くなりますので、設置スペースがより広く必要となります。






    もちろん、そのままでは出すことができませんので、温水器の外装をばらします。
    外装を外すと、グラスウールに包まれた缶体が見えます。







    巻き付いていたグラスウールを取り外すと、缶体が見えます。




    何とか搬出できました。





    さて、いよいよ新しい電気温水器の搬入です。元々の電気温水器は丸形ですが、今度は角形になります。
    電気温水器には丸形と角形があります。

    現在は美観上なのか、角形が主流となっております。なお、丸形の電気温水器は、今日現在、タカラスタンダードと三菱でしか生産しておりません。

    丸形と角形の違いですが

    丸形は温水器の外にお湯や水の配管がむき出しになります。

    角形は、本来見えてしまう配管を箱の中に隠してしまっていますので、スッキリとした美観になります。

    ちなみに、丸形は角形に比べて、同性能の商品でも金額は安く収まります。

    その他、丸形には出湯圧の高い高圧型や大風呂の追い焚き機能がついた商品はありません。

    さて、さて、ここのお客様宅では

    丸形の電気温水器をご希望だったのですが、タカラスタンダード・三菱 共に収まるサイズの商品が無く、最終的に三菱の角形電気温水器(給湯専用タイプ)に決定しました。

    金額的には当社がおすすめのタカラスタンダードの方がお安かったのですが、北海道に在庫がなく、設置までに10日程度の納期が必要でした。

    お客様が10日もお待ちになれないとおっしゃいましたので三菱製となりました。

    その時は札幌に在庫が数台との事でした。

    早速、お伺いした翌日での工事だったのですが、電気温水器のすぐ横に洗面化粧台があり、設置スペースとしてはほとんど余裕がありませんでした。

    他社さんでも見に来たようですが、狭くて、新しい電気温水器は入らないので、洗面化粧台を現在の75僂ら60僂離織ぅ廚妨魎垢靴覆い伴まらないと言われたそうです。



    では、いよいよ搬入ですが、新しい電気温水器も外装を外して、極力小さくして、やっと搬入できました。



    電装基盤等もバラバラ状態ですので、仮にしばって、壊さないように搬入してます。






    何とか収まりました。





    完成です。



    従来のものより、かなり前に出てきましたが、給水配管や排水管が見えなくなり、かなりすっきりしました。下の工事前の写真で見てみますとわかりやすいです。天井ギリギリまでの高さがありましたが、洗面化粧台とほぼ同じ高さになりました。




    電気温水器の交換工事は、配管工事はもちろんですが、古い温水器の搬出や新たな温水器の搬入に大きな労力を要します。

    また、水道設備業者単独で工事を行っている業者さんもいらっしゃるようですが、電気温水器の交換作業には、電気工事士の資格も必要です。

    弊社では熟練した配管技術者並びに官公庁の仕事も手掛ける熟練した電気工事士が在籍しております。また、リフォーム工事も長年行っておりますので、住宅設備機器はもとより、大規模なリフォーム工事もお任せ下さい。

    また、万が一ではございますが、弊社の作業後に、施工不良による重篤な損害事故が発生した場合においても、しっかりと賠償責任を果たせるだけの保険にも加入してございます。

    確かな技術、そして安心をご提供させていただきます。

    電気温水器の交換の際にはぜひ、当社をご指名頂けたらと存じます。


     株式会社 博光 (はっこう) 創業47年

    受付時間


    月〜土曜日 朝8時半〜夜8時


    電話  011−782−6961
    FAX 011−783−6940
    メール 
    hakkokk@pat.hi-ho.ne.jp
    HP     http://hakkoh.info/
    札幌市東区本町1条1丁目3番11号









     

    電気温水器 交換 修理  床 補強 札幌

    0
       山田です。

      3月だというのにこの吹雪

      早く春にならないですかね。

      さて、かれこれ5年ほど前に倒産した、3階建てコンクリート住宅で当時は年間100棟ほど売れていた早川工務店の物件です。

      ここのお宅では、暖房給湯一体型の電気温水器が採用されていました。

      暖房が暖まらないという事で見てきましたが、見てビックリ!!



      電気温水器が左に傾いています。

      dc030113.jpg



      床下点検口が近くにあったのでそこから覗いて見ると

      床の補強が全くされていません。

      45亞僂凌睫據覆燭襪)の上に12个離灰鵐僖佑12个離侫蹈◆爾施工されているだけでした。

      この温水器は470リットルタイプです。
      ということは、総重量が550Kgになります。

      それが床の補強もせずに普通に置かれているだけなのです。

      床が傾いて当然です!!



      dc030122.jpg



      お客様にご説明をさせていただいて、後日、床の補強工事を行いました。

      ジャッキアップしながら、電気温水器の3箇所の脚の下に角材を設置して、床下のコンクリートに十分な強度のある支柱で角材を支えました。

      dc030124.jpg



      支柱と土間コンクリートは特殊な接着剤で強固に接着しました。

      dc030130.jpg


      それにしても、これほどの重量物を設置する床なのに本当に考えられないような施工ですね。

      早川工務店の物件にお住まいの方、温水器の設置された床が凹んでいたり、温水器が傾いていないかの確認をしてみて下さい。


      電気温水器の修理・交換は下記までお気軽にどうぞ。


       株式会社 博光 (はっこう) 創業44年

      受付時間

      月〜土曜日 朝8時〜夜8時

      日曜・祝祭日は休日となっておりますが急な故障等でお困りの時にはご連絡下さい。


      電話 011−782−6961
      FAX 011−783−6940
      メール 
      hakkokk@pat.hi-ho.ne.jp
      HP     http://hakkoh.info/
      札幌市東区本町1条1丁目3番11号






      札幌 博光 電気温水器のお手入れについて

      0
         山田です。

        こんにちは。今日は暖かいですね。早いもので明日から8月ですね。
        短い夏を満喫したいですね。

        さて、北海道電力衢佑離曄璽爛據璽犬法日頃の温水器のお手入れについて、わかりやすく記載されていましたので転載させていただきます。






        電気温水器のお手入れ

        漏電ブレーカー

        ふたを開け、漏電ブレーカーを「切」にします。

        給水栓

        水道側の給水栓を閉じ、お湯のじゃ口を1カ所(洗面所など)開けます。

        電気温水器の点検箇所のイメージ
        安全弁

        安全弁のレバーを上げます。しっかり作動させてください。

        排水栓

        排水栓を開け、1〜2分間排水します。

        安全弁から空気が入り排出されます。

        お湯が出てくることがありますのでやけどにご注意ください。

        排水栓・給水栓

        排水が終わったら、排水栓を閉じて、安全弁のレバーを下げ給水栓を開けます(水道から水が入ります)。

        蛇口

        開けたお湯の蛇口からお湯(または水)がでてきたら、蛇口を閉めます。

        ※やけどにご注意ください。

        漏電ブレーカー

        漏電ブレーカーを「入」にします。

        注意事項

        ※通電時間中の作業は避けて下さい。

        ※排水が赤い時は、水道管が腐食し、サビが電気温水器の底にたまっていることがあります。このようなときは、お求めになった販売店にご相談下さい。

        ※ベンジン、シンナーおよびクレンザー、ナイロンたわしなどのご使用は、本体を痛めますので絶対におやめ下さい。

        ※お手入れの前に、機器の取扱説明書も必ずご確認下さい。

        転載ここまで(下に転載元のアドレスを貼っておきます。)

        http://www.hepco.co.jp/alldenka/product/hotwater/waterheater/hot_pdt_wat_index.html



        kisya-rogo.jpg 株式会社 博光 (はっこう) 創業39年
        良品安価な物だけをお客様にお届けする

        電話 011−782−6961
        FAX 011−783−6940
        メール hakkokk@pat.hi-ho.ne.jp
        HP     http://hakkoh.info/index.html
        札幌市東区本町1条1丁目3番11号




         


        札幌 電気温水器 交換 取替 種類

        0
           山田です。

          今日は久々にあたたかいですね。明日からもう少し天気が良くなるみたいですね。

          さて、はっこう では現在電気温水器特価セールがスタートしました。

          電気温水器の故障について前々回 書きましたが

          機械的性能の維持はもちろん大切ですが、衛生的であることも大切です。


          電気温水器には大きく分けて3種類あります。

           ゝ訶鮴賤僖織ぅ
          ◆.札潺ートタイプ
           フルオートタイプ



          給湯専用 

          名前の通り、お湯を沸かして溜めておく機能しかありません。蛇口を ひねれば タンク内のお湯が出てきます。


          セミオートタイプ 

          お風呂に自動であゆをはる機能と、冷めてしまった浴槽のお湯にボタン一つで足し湯をする機能があります。お湯はりも、足し湯も、蛇口からお湯が出るわけではないので、追い炊きつきの浴槽と同じように、電気温水器から浴槽に専用の配管が必要ですので、新築でない場合には、大掛かりな工事をしなければ取付できません。

          ユニットバスを交換したりする場合に、浴槽への配管を新たに設ければ取付可能です。


          フルオートタイプ

          浴槽への自動お湯はり、自動足し湯機能があります。足し湯も自動ですので、浴槽のお湯が設定した温度以下になると自動で足し湯を行い、浴槽のお湯の温度を保ってくれます。

          さらに上位機種になりますと、追い炊き機能が付き、浴槽のお湯を電気温水器の熱交換器に循環させて、冷めたお湯を温めなおします。

          給湯専用タイプに比べて、セミオート・フルオートは価格が高くなりますが、セミオートとフルオートでは、定価でも3万円程度しか変わりませんので、フルオートを選択されるお客様が多いです。

          はっこう ではパナソニック電工、三菱電機製の 電気温水器を格安でご提供いたしております。

          ご提案価格について

          当社では、見かけの金額を安く記載して、実際のお見積時にお客様をがっかりさせるような事は致しません。

          実際の工事に必要な物は全て、記載の金額に計上しておりますので、よほどの事が無い限りは、記載の通りの金額で工事を行っております。

          もし、他社様の実際のお見積で、当社より安い場合には遠慮なくお申し付け下さい。

          また、記載の金額は単独工事の場合ですので

          管理組合様でのとりまとめにより、台数が増える場合や、ご近所様同士での同時購入をされる場合には、更にお安くさせて頂きます。

          なお、工事完了後には、北海道電力蠅僚弭検査がありますが、10分程度で終わります。
          検査日は、工事完了後、1週間以内の間で、平日のみですが、ご希望の日をご指定いただけます。

          皆様からのご注文、心よりお待ち申し上げております。


          kisya-rogo.jpg 株式会社 博光 (はっこう) 創業39年
          良品安価な物だけをお客様にお届けする

          電話 011−782−6961
          FAX 011−783−6940
          メール hakkokk@pat.hi-ho.ne.jp
          HP     http://hakkoh.info/index.html
          札幌市東区本町1条1丁目3番11号





          札幌 電気温水器 交換 取替の博光です。

          0
             山田です。

            さて、昨日に引き続き、電気温水器についてです。

            電気温水器は内部構造がそれほど複雑ではないので、燃焼機器と比較した場合、長持ちします。

            お湯を溜める缶もステンレスですので簡単には穴があきません。


            電気温水器は電気ポットを巨大にした物です。

            電気でお湯を沸かし、保温して溜めています。



            内部構造が複雑でない分、故障する箇所も大まかに3箇所に絞られてきます。

            1.お湯を溜める缶自体の損傷(これはめったにありません)
            2.電気基盤の故障(この場合には基盤を取替えます)
            3.ヒーターの断線(この場合にはヒーターを取替えます)

            この中でも多いのがヒーターの寿命による断線です。
            ある日突然、お湯が沸かなくなったら、大体がこれにあたります。



            では、温水器の寿命はどれくらいでしょう

            ほとんどのお客様は15年もしくは、それ以上の方が多いと思います。

            中には20年以上という方も少なくありません。

            今回ご紹介致しますお客様はナント23年ご使用されていました。

            当然の事ながら、交換部品も無いので、今回のヒーター断線を機に、交換となりました。

            今までの温水器はマイコン型でなかったのですが、今回は新しくマイコンタイプになり、月々の基本料金、電気料金も割引になります。月々1,000円近く安くなりますので、年間12,000円にもなります。

            10年間ではなんと、12万円・・・・・温水器の本体がもう少しで買えてしまいそうですね。


            それでは、23年ご利用の温水器 分解してみましょう





            撤去前の状況です。






            蓋の上に溜まった茶色い水です。 温水器の底に溜まっていたものです。











            配管内部はかなり腐食しています。当然、日々のお湯はこの配管を流れています。

            では、温水器を分解してみます。




            温水器の表面の鉄板をはがしますと、このように断熱材で包まれています。

            断熱材をはがすと、ステンレスの缶体がでてきます。




            これが実際にお湯を沸かすヒーターです。

            23年間、お湯を毎日沸かしていたのですから、大したものですね。


            ちなみに温水器の中はこのヒーターが入っていた穴からしか覗けませんが、どうにか写真を撮ってみました。





            まっ茶色ですね。 表面にはサビのようなものがビッシリと付着しています。

            このように内部を見ますと、衛生状態を考えて、早めに交換するのがおすすめです。



            さて、今回のお取付け現場です。




            こんな感じで施工完了です。写真にはありませんが、リモコンが付いており、日々のお湯の使い方をマイコンが判断して、学習してくれますので、更なる節電が可能です。

            耐震補強もバッチリです。↓






            電気温水器のお取替を検討している方は、ぜひ、はっこう までどうぞ。



            kisya-rogo.jpg 株式会社 博光 (はっこう) 創業39年
            良品安価な物だけをお客様にお届けする

            電話 011−782−6961
            FAX 011−783−6940
            メール hakkokk@pat.hi-ho.ne.jp
            HP     http://hakkoh.info/index.html
            札幌市東区本町1条1丁目3番11号



            札幌 電気温水器 交換 取替

            0
               山田です。

              電気温水器の取替工事をお安くご提供できるようになりました。

              今現在、給湯専用電気温水器の取替えをご検討していらっしゃる方は9月までにお取替えされる事をお勧め致します。

              パナソニック電工の丸型、給湯専用タイプは10月から値上げされます。


              左が角型 右が丸型です。

              角型にはフルオートタイプ・セミオートタイプ・給湯専用タイプがあります。

              丸型は給湯専用タイプのみです。




              明日は15年以上ご使用になった電気温水器の内部の写真をお見せいたします。

              電気温水器は内部構造が意外と単純なので故障が少なく、長持ちしますが・・・・・・10数年、電気ポットの中を掃除しなかったら、どんなものでしょう

              電気温水器の内部は清掃できません。

              水で洗い流すような洗浄は可能ですが、しっかりとこすり洗いはできません。

              普段見ることのできない温水器の内部・・・・・明日アップします。



              はっこう では全タイプの電気温水器を格安でご提供しております←しつこい

              フルオートタイプ(自動お湯張り、追い炊き機能付き)が必要でない方はお早めにどうぞ。

              順次、地域限定でのご案内を進めていきます。

              IHクッキングヒーターに続き、電気温水器も はっこう へご依頼下さい。



              kisya-rogo.jpg 株式会社 博光 (はっこう) 創業39年
              良品安価な物だけをお客様にお届けする

              電話 011−782−6961
              FAX 011−783−6940
              メール hakkokk@pat.hi-ho.ne.jp
              HP     http://hakkoh.info/index.html
              札幌市東区本町1条1丁目3番11号


              | 1/1PAGES |

              プロフィール

              カレンダー

              S M T W T F S
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              252627282930 
              << November 2018 >>

              エントリー

              カテゴリー

              アーカイブ

              コメント

              リンク

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM